本文へスキップ

『調剤薬局事務として働く』では、調剤薬局事務の仕事や資格について詳しく紹介しています。

CHYOUZAIJIMU

調剤事務管理士

薬剤師とは/調剤事務管理士の資格取得

     

薬剤師とは


病気の治療や予防、健康の維持などのために、薬は私たちの生活に欠かせないものになっています。

病気やけがで、病院や診療所(医院)にかかって薬をもらったり、体調がすぐれないときに町の薬局・薬店で大衆薬を購入したことがきっとあると思います。

こうした薬が製薬企業で作られ、医療機関や薬局等を経由して消費者の手に届くまでのすべての過程で、薬学を基礎とした専門的な立場から関与しているのが薬剤師です。

 薬剤師の任務は、薬剤師法という法律で「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする」と規定されています。


薬剤師の最も代表的な業務は調剤です。「調剤」の定義としては、大正6年3月19日の大審院(現在の最高裁判所に相当)判決で「一定ノ処方ニ従ヒテ一種以上ノ薬品ヲ配合シ若クハ一種ノ薬品ヲ使用シテ特定ノ分量ニ従ヒ特定ノ用途ニ適合スル如ク特定人ノ特定ノ疾病ニ対スル薬剤ヲ調製スルコト」とされています。

しかし、現在では、医師の処方せんどおりに薬を正確かつ迅速に調製するだけでは十分とはいえません。

薬の有効性、安全性を確保して適正な使用を推進するために、処方された薬に関する副作用や併用している薬との相互作用などについて、患者の体質やアレルギー歴、これまでの服薬状況等をまとめた記録(薬剤服用歴の記録)と照合したり、患者との対話で疑問点があれば処方医に照会したうえで調剤することが必要となっています。

調剤した薬はそのままでは単なる物ですので、そのものが薬としてが適切に服用されるためには、個々の患者に合わせた服薬指導を行わなければなりません。

また、処方医にも必要な情報を提供することが求められるようになってきており、こうした業務を遂行するに当たって、薬に関する最新情報の収集と整理も重要な業務となっています。

また、最近では、病院勤務薬剤師の場合、薬剤部門内での調剤業務に加えて、医師が適切な投与量を判断するために、投与している薬の成分について血液中の濃度を測定したり、医師や他の医療スタッフと供に入院患者の病床に赴き、薬剤師が直接患者に、使用している薬についての服薬指導や注射薬の管理などを行う臨床活動も活発になっています。

町の薬局でも、薬局の調剤室内での調剤業務に加えて、寝たきり老人など在宅患者の家を訪問し服薬指導や薬剤管理指導などを行う在宅医療業務も増えています。

薬剤師の資格を有している人が働く職場は、薬局や医療機関での調剤業務、製薬企業での医薬品等の研究開発・製造、流通、販売、行政機関における許認可・監視指導・試験検査、教育機関など多岐にわたっています。

平成18年12月31日現在における全国の届出薬剤師数は252,533人で、薬局の従事者が125,254人(総数の49.6%)、病院・診療所の従事者は48,964人(総数の19.4%)となっています。

ちなみに同日現在の全国の届出医師数は、277,927人です。




通信講座で働きながら資格取得

 ユーキャン 調剤事務管理士   生涯学習のユーキャン

テキストは初めての方でも戸惑うことなく学べる工夫がいっぱい!

専門用語はわかりやすく解説、重要なところはひと目でわかるようになっているから、ポイントがラクに頭に入ります。

イラストや図表も豊富だから、理解もスムーズ!

   

通信教育80年の信頼と実績を誇る

「がくぶん総合教育センター」

★詳しくはこちらまで★

本講座は調剤報酬請求の実務から薬の知識まで、現場ですぐ役立つ実践技能がどなたでも短期間で身につけられます。


バナースペース

合格者の声

■ 合格者の声(40代 主婦 Kさん)

■ 合格者の声(20代 主婦 Oさん)

■ 合格者の声(30代 女性 Hさん)

リンクについて

当サイトはリンクフリーです

相互リンクも募集中です

お申し込みはこちらから⇒

LINK1