本文へスキップ

『調剤薬局事務として働く』では、調剤薬局事務の仕事や資格について詳しく紹介しています。

CHYOUZAIJIMU

調剤事務管理士

レセプト業務とは/調剤事務管理士の資格取得

     

レセプト業務とは


調剤報酬請求業務(レセプト業務)とは調剤薬局での調剤報酬請求業務で、レセプト業務とも呼びます。

日本では、1961年に国民皆保険制度が誕生し、医療機関で診察を受ける際に保険が使えるようになりました。

この制度によって、患者さんは自分が入っている保険(国民健康保険、政府管掌健康保険 etc.)の種類によって、診察料や薬代が一部負担(3割負担が多い)で済みます。

したがって、保険調剤を行う調剤薬局では、患者さんから一部負担金を窓口で徴収し、残りの料金を保険者(国、健康保険組合 etc.)に請求しなければなりません。

この残りの料金を保険者に請求する業務のことをレセプト業務(調剤報酬請求業務)と言います。

調剤報酬請求業務(レセプト業務)とは、毎月1日から月末までのレセプトを患者と医療機関に分けて作成し、

翌月の10日前後に、国民健康保険は地域の国民健康保険団体連合会へ、
社会保険は地域の社会保険診療報酬支払基金への2箇所へ分けて提出します。

保険者(国民健康保険団体連合会と社会保険診療報酬支払基金)は、レセプトの請求内容をチェックし、適正で間違いが無ければ、調剤報酬を調剤薬局に支払います。

調剤報酬が得られるのは、この期間内に提出した場合のみですので、返戻(へんれい)などにより最提出した場合は、報酬の受け取りが遅れることにもなります。

このようにレセプト業務(調剤報酬請求業務)は、調剤薬局の収入を支える大変重要な業務です。




通信講座で働きながら資格取得

 ユーキャン 調剤事務管理士   生涯学習のユーキャン

テキストは初めての方でも戸惑うことなく学べる工夫がいっぱい!

専門用語はわかりやすく解説、重要なところはひと目でわかるようになっているから、ポイントがラクに頭に入ります。

イラストや図表も豊富だから、理解もスムーズ!

   

通信教育80年の信頼と実績を誇る

「がくぶん総合教育センター」

★詳しくはこちらまで★

本講座は調剤報酬請求の実務から薬の知識まで、現場ですぐ役立つ実践技能がどなたでも短期間で身につけられます。


バナースペース

合格者の声

■ 合格者の声(40代 主婦 Kさん)

■ 合格者の声(20代 主婦 Oさん)

■ 合格者の声(30代 女性 Hさん)

リンクについて

当サイトはリンクフリーです

相互リンクも募集中です

お申し込みはこちらから⇒

LINK1