本文へスキップ

『調剤薬局事務として働く』では、調剤薬局事務の仕事や資格について詳しく紹介しています。

CHYOUZAIJIMU

調剤事務管理士

調剤薬局事務の仕事/調剤事務管理士の資格取得

     

調剤薬局事務の仕事


調剤薬局事務の仕事は、薬局でお薬に関する事務の仕事を担当します。

処方箋を持って薬局に行くと、受付の方がいらっしゃると思いますが、

まさにその受付の人が調剤薬局の事務の人です。

薬そのものの調合や選別などは、薬剤師の仕事ですので、調剤薬局事務員は、

薬剤師の仕事の補助やそれにまつわる事務関係の仕事をしてゆくことになります。

具体的には、お医者さんにかかって処方箋を貰ってきた患者さんの受付を行ったり、

レセプト計算を行って会計業務を行ったり、薬局における薬歴簿といわれるものを

作成したりします。

調剤薬局では、患者さんから貰った医療費負担は勿論、そのほかの薬の費用を保健元から

貰わなくてはなりませんから、その分の薬代などを請求することも重要な役割です。

薬局での事務はお薬の費用請求は勿論のこと、調剤の補助なども行っていますので、

とても大切な立場であると言う事が言えます。



通信講座で働きながら資格取得

 ユーキャン 調剤事務管理士   生涯学習のユーキャン

テキストは初めての方でも戸惑うことなく学べる工夫がいっぱい!

専門用語はわかりやすく解説、重要なところはひと目でわかるようになっているから、ポイントがラクに頭に入ります。

イラストや図表も豊富だから、理解もスムーズ!

   

通信教育80年の信頼と実績を誇る

「がくぶん総合教育センター」

★詳しくはこちらまで★

本講座は調剤報酬請求の実務から薬の知識まで、現場ですぐ役立つ実践技能がどなたでも短期間で身につけられます。


バナースペース

合格者の声

■ 合格者の声(40代 主婦 Kさん)

■ 合格者の声(20代 主婦 Oさん)

■ 合格者の声(30代 女性 Hさん)

リンクについて

当サイトはリンクフリーです

相互リンクも募集中です

お申し込みはこちらから⇒

LINK1